規制法対応
This links to the home page
業務内容

規制法対応

ピルズベリーは、第一線で活躍する様々な規制法・規則を専門とする弁護士を多く有しています。国際紛争、技術革新、世界情勢の変化等から法改正や新たな法規制の趨勢を先読みしながら、現行法規制の遵守をサポートいたします。
 
これまでの豊富な実務経験を活かし、政府調査、コンプライアンスプログラムの策定及び実施、行政機関による公聴会対応、公共事業及び支出への取り組み、政策提言等の政府プログラム、米国連邦、州、地方政府の法規制に関する問題に対し、企業、業界団体、非営利団体の皆様へ助言いたします。また、連邦政府の中心であるワシントンD.C.にオフィスを構え、そこに所属する弁護士と協働することで、連邦規制機関や連邦議会へのアクセスを容易にし、効率性向上に努めております。
 
弊事務所は、米国議会で審議中の新たなガイドラインや法案へのドラフト、助言等の依頼を受ける機会も多く、実績を積んでおります。規正法対応チームには、米国連邦議会議員を4期務めた者、米国原子力規制委員会元委員、米国連邦取引委員会 競争局、米国海洋大気局、米国商務省、ニューヨーク南部地区連邦地方検察庁 重大犯罪部、米国司法省 課税局において政府高官としての職務経験を持つ弁護士や、米国環境保護庁、米国エネルギー省、米国内務省、連邦エネルギー規制委員会、その他関連省庁での勤務経験を持つ弁護士が多数所属しており、各関連規制機関の実情に精通した、信頼性の高い実務対応をさせていただきます。
 
以下はその業務内容の一例です。