Pillsbury Law | Japan | TSCA法に基づく2020年のCDR報告は今からでも遅くない 
This links to the home page
トピックス

TSCA法に基づく2020年のCDR報告は今からでも遅くない 

09/29/2020
  • TSCA法に基づく化学物質データ報告 (CDR) 義務は、EPAが規制を確立し執行していく上で役立つ重要なメカニズムとなっています。
  • 次回のCDRの提出期限は2020年11月30日であり、2016年から2019年までの暦年における、対象の化学物質の処理、使用、流通、廃棄に関する情報の提出が求められています。
  • CDRの要件を遵守するために必要な綿密な内部資料の検証は、TSCA違反の発覚につながる可能性があるため、企業は、弁護士の支援の下でCDRレビューを実施することにより、秘匿特権を最大限に活用し、遵守不足が発覚した場合に迅速に対応できるようにすることが推奨されます。

詳しくは添付PDFをご覧ください。