Pillsbury Law | Japan | COVID-19 (新型コロナウィルス感染症) の拡大に対して労働法リスクを緩和するためには
This links to the home page
トピックス

COVID-19 (新型コロナウィルス感染症) の拡大に対して労働法リスクを緩和するためには

03/12/2020
  • 雇用主がどのような感染予防措置を実施できるか、また逆に雇用主が従業員にどの程度まで通常通りに勤務することを義務付けられるかについては、複数の連邦法、州法及び特定地域の法律が制限を設けています。
  • 雇用主は、COVID-19への潜在的な接触の証拠がなかったとしても、従業員にテレワークを命じることができます。体調不良ではない又は感染が判明していない従業員に無給休暇の取得又は既発生の有給休暇の消化を強制する前には、より慎重なアプローチが必要です。
  • 雇用主は、信頼に足る情報をもとに、判断を下さねばならず、かつ変化する状況を注視しなければなりません。

詳しくは添付PDFをご覧ください。