Pillsbury Law | Japan | SEC、気候関連情報開示の画期的な規則草案を発表<br > -米国証券取引委員会は、上場企業による気候に関する情報開示を義務付ける規則改正案を発表しました
This links to the home page
トピックス

SEC、気候関連情報開示の画期的な規則草案を発表
-米国証券取引委員会は、上場企業による気候に関する情報開示を義務付ける規則改正案を発表しました

04/15/2022
  • SEC の新しい気候関連開示規則では、すべての企業にスコープ1(温室効果ガス直接排出)とスコープ2(温室効果ガス間接排出)の排出量を報告することが義務付けられることになります。スコープ3の排出量開示は、投資家が「重要」と考える場合、または企業が排出量削減等の特定の気候関連目標を設定している場合に要求され、小規模の企業は免除されます。
     
  • この規則案は、発行者がスコープ1及びスコープ2の気候関連リスクをより効率的かつ効果的に開示することを支援することを目的としており、投資家と発行者の双方に利益をもたらすとされています。
     
  • 新しい開示義務の対象となる可能性のある企業は、今回の規則改正案よく理解する必要があります。
     

詳しくは添付PDFをご覧ください。