Pillsbury Law | Japan | 外国企業の米国子会社もCARES Actの救済を受けることが可能
This links to the home page
トピックス

外国企業の米国子会社もCARES Actの救済を受けることが可能

05/04/2020
  • 外国企業の米国子会社は、Paycheck Protection Program (以下、PPP)、経済的損失災害融資及びMain Street 融資プログラムを含め、CARES Actに基づくさまざまな救済プログラムの利用が可能です。又、米国子会社は、税制上の優遇措置も利用できます。
  • CARES Actに基づく資金調達を検討している企業は、救済に課されるさまざまな制約に留意する必要があります。制約には配当やその他の資本の分配に対するものもあるので、当該制約が事業運営の妨げにならないかどうか検討する必要があります。
  • 今後さらに新たな規制が決定・施行され、事業の外部委託や海外移転等に関する制約が課される可能性があります。

詳しくは添付PDFをご覧ください。