Pillsbury Law | Japan | ニューヨーク州の新サイバーセキュリティ・データ侵害防止法は州内外の雇用主に影響
This links to the home page
トピックス

ニューヨーク州の新サイバーセキュリティ・データ侵害防止法は州内外の雇用主に影響

11/21/2019
  • ニューヨーク州居住者に関する個人情報を受領、収集又はその他の方法で保有する雇用主は、その所在地や規模に関係なく、ニューヨーク州の新データ侵害防止法を順守する必要があります。
  • ニューヨーク州に居住する従業員を雇用していない雇用主でも、オンライン上の採用プロセスを通じて収集した情報に基づき同法が適用される可能性があります。
  • 当該情報を保有する雇用主は、同法の規定に準拠したサイバーセキュリティデータに関するセーフガードを採用しなければならず、また、データ侵害の際に通知が求められます。

詳しくは添付PDFをご覧ください。