Pillsbury Law | Japan | 米国司法省のガイダンスに沿って会社のコンプライアンスプログラムをアップデートする時がやってきました
This links to the home page
トピックス

米国司法省のガイダンスに沿って会社のコンプライアンスプログラムをアップデートする時がやってきました

05/29/2019
2019年4月30日、米国司法省の刑事局は会社のコンプライアンスプログラムを評価する際のガイダンスを改訂し、公表しました(以下「本ガイダンス」と呼びます)。これは検察官が刑事事件における立件の判断を行う際に対象会社におけるコンプライアンスプログラムをどのように評価するかについての考え方を示すことを目的として策定されています。司法省の詐欺事件対策課(司法省刑事局の一部門です)が2017年2月版のガイダンスを出していますが、今回の改訂はその内容をさらに広げる形で行われています。

詳しくは添付PDFをご覧ください。