Pillsbury Law | Japan | シェアリングエコノミーやフリーランスの仕事を一変させる?
This links to the home page
トピックス

シェアリングエコノミーやフリーランスの仕事を一変させる?

07/25/2018

カリフォルニア州最高裁判所は2017年4月30日、カリフォルニア州の賃金・時間法(California wage and hour laws)上、業務従事者が業務受託者に該当することを使用者が証明し難くなる判決を出しました。 カリフォルニア州最高裁は、Dynamex Operations West Inc. v. Superior Court of Los Angeles(事件番号S222732)(以下、「Dynamex事件」という。)において、すべての業務従事者は、業務従事者が業務受託者であることを証明する判断基準を満たさない限り、カリフォルニア州の賃金規定が適用される被雇用者であると全会一致で判断しました。「ABCテスト」と呼ばれる当該判断基準のもと、業務従事者は、3つの下記要件をすべて満たさない限り、カリフォルニア州の賃金規定が適用される被雇用者であると推定されます。

詳しくは添付PDFをご覧ください。