Pillsbury Law | Japan | 米国司法省、海外腐敗行為防止法 (FCPA) の執行において他国の法執行機関と協力
This links to the home page
トピックス

米国司法省、海外腐敗行為防止法 (FCPA) の執行において他国の法執行機関と協力

06/26/2018

ロッド・ローゼンスタイン米司法副長官により発表された新政策のもと、多国籍企業はついに、異なる管轄区域にまたがるFCPA違反および関連する腐敗防止行為への複数の処罰の排除を期待できることとなりました。 ニューヨーク市弁護士会ホワイトカラー犯罪会議(New York City Bar White Collar Crime Institute)と米国会議協会(American Conference Institute)によるFCPAに関する会議における別個の発言の中で、特に企業が世界中の複数の当局に責任を負う可能性のある規制の厳しいグローバル産業において、同一行為について企業へ複数の処罰を科すことを回避することが、司法省の新政策の目的であると発表されました。

詳しくは添付PDFをご覧ください。