Pillsbury Law | Japan | 連邦第9巡回控訴裁判所、クラス認証のための要件を緩和
This links to the home page
トピックス

連邦第9巡回控訴裁判所、クラス認証のための要件を緩和

01/25/2017

消費者クラスアクションにおいて、クラス構成員の識別及び通知にはしばしば実務上の困難が伴います。特に、低価格の商品やサービスが問題となるクラスアクションの場合、個々の消費者は購入を証明する書類を有していません。そこで、いくつかの裁判所(特に知られているのは連邦第3巡回控訴裁判所)は、クラス申立人に対して、「確認可能性("ascertainability”)」の要件を満たし、かつ、誰がクラスに含まれるかを判断するための「事務管理上実行可能」な方法を示すことを求めることで、かかる困難に対応していました(E.g., Byrd v. Aaron’s Inc., 784 F.3d 154 (3d Cir. 2015))。しかし本判決(Briseno v. ConAgra Foods, Inc., No. 15-55727 (Jan. 3, 2017))で、連邦第9巡回控訴裁判所は、連邦第6、第7及び第8巡回控訴裁判所と同様に、「事務管理上の実行可能性」をクラス認証の独立の要件として採用しないことを示しました。連邦第9巡回控訴裁判所は、連邦民事訴訟規則中のクラスアクションに関する準則である規則第23条は、要件の追加を認めていないと判断し、また、連邦第3巡回控訴裁判所が「事務管理上の実行可能性」を独立の要件として求めた際に考慮した懸念点は、規則第23条に定めるその他の基準により、既に検証されていると判示しました。

詳しくは添付PDFをご覧ください。