Pillsbury Law | Japan | バイデン大統領が「メイド・イン・アメリカ法」に関する大統領令に署名
This links to the home page
トピックス

バイデン大統領が「メイド・イン・アメリカ法」に関する大統領令に署名

03/24/2021
  • バイデン大統領は就任の直後に発した大統領令で、連邦政府の調達に関する基準の変更の大筋を発表し、今後、連邦政府による調達基準が改定されて、アメリカの国内企業を優遇する具体的な政策の概要が明らかになってきました。今後政府の各機関が規則の詳細を定めていきます。
  • これまでよりも調達基準の適用免除措置を受ける際の審査が厳しくなり、国内調達率の基準が引き上げられる見込みです。さらにアメリカ国内企業の中でも特に中小製造業者への優遇に焦点が当てられることが見込まれます。連邦政府調達の製品やサービスを扱っているビジネスは、今後の具体的な規則制定を見極めて対応することが必要になります。

詳しくは添付PDFをご覧ください。