Pillsbury Law | Japan | 航空機ファイナンス “リポゼッション”
This links to the home page
トピックス

航空機ファイナンス “リポゼッション”

08/20/2018

航空機ファイナンス取引において、航空機の運航者(エアライン)にデフォルトが発生した場合、所有者(レッサー)または抵当権者(レンダー)が航空機を取り戻して売却・再リース等によって債権の回収を図る必要が出てきます。これをリポゼッションといいます。リポゼッションするか否かの対応については、それぞれの立場により考え方が異なると考えられますが、以下で航空機ファイナンスにおけるリポゼッションに係る実務的な内容をご紹介したいと思います。

詳しくは添付PDFをご覧ください。