Pillsbury Law | Japan | 米政府による中国新疆産製品の輸入制限<br > - 原産地・サプライチェーンに対するデューディリジェンスが求められています
This links to the home page
トピックス

米政府による中国新疆産製品の輸入制限
- 原産地・サプライチェーンに対するデューディリジェンスが求められています

12/02/2020
  • 2020年9月、米国税関国境保護局は、中国新疆でウイグル人により作られた製品の輸入を規制する命令を出しました。この命令は、ウイグル人の強制労働を告発したオーストラリアの非営利団体による調査レポートを踏まえたものです。このレポートでは、何十社もの世界的に有名な企業が強制労働から恩恵を受けているとして公表されています。
  • 米国に製品・部品を輸入する企業は、サプライチェーンに悪影響が及ばないか判断するため、当局の命令の範囲を確認すべきです。自社のブランドを守るため、デューディリジェンスを実施し、自社の製品・部品の原産地が強制労働の疑われる新疆の工場でないことを確認する措置を検討しましょう。

詳しくは添付PDFをご覧ください。