営業秘密漏洩訴訟、連邦裁で審理可能になる<br >- 新法により企業秘密に関する管轄、救済方法および法的義務に変更
This links to the home page
トピックス

営業秘密漏洩訴訟、連邦裁で審理可能になる
- 新法により企業秘密に関する管轄、救済方法および法的義務に変更

06/21/2016
2016年5月12日まで、米国の営業秘密法は、知的財産法の分野において州の裁判所と州法に大きく委ねられていた唯一の分野でした。しかし、もはやそうではありません。 5月12日、オバマ大統領は2016年営業秘密保護法(Defend Trade Secrets Act of 2016, Pub. L. No. 114-153) に署名しました。新法は、一方的差押えを認める革新的な条項等、営業秘密(トレードシークレット)の不正使用に対する新たな連邦法上の民事救済方法を認め、新法から生じる請求に対し、専属的ではないものの連邦管轄権を認めました。新法の下では、さらに雇用者、請負業者およびコンサルタントには新たな義務が直ちに課せられます。新法には今後訴訟を通じてその実態が明らかになるであろう部分が多く存在しますが、いくつかの部分については既に明確となっており、直ちに注意を払うに値します。

詳しくは添付PDFをご覧ください。