米国司法省のホワイト・カラー犯罪に関する新指針発表<br >- 個人責任に重点的に取り組むよう検察官に指示
This links to the home page
トピックス

米国司法省のホワイト・カラー犯罪に関する新指針発表
- 個人責任に重点的に取り組むよう検察官に指示 

11/30/2015
2015年9月9日、サリー・クイリアン・イエーツ司法副長官は、個人に対するホワイト・カラー犯罪の訴追を積極的に行うことを意図する新政策を発表しました。エリック・H・ホルダー前司法長官の下で開始された米国司法省のワーキング・グループが策定した同政策は、個人に対する民事及び刑事訴追を、企業に対する訴追とともに重点的に取り扱い、企業幹部についての証拠を開示させるため、企業に対し新たな圧力を加えることになります。

詳しくは添付PDFをご覧ください。